長く働いていると忘れてしまう、派遣であることで心がけておく礼儀

長く派遣で仕事をしていると、ついマナーを忘れてしまうようなこともあるのではないでしょうか。ここでは、派遣先の会社側の人と初めて顔合わせをする際のマナーについてご紹介しましょう。

マナーは非常に大切

社員として登録した場合に、派遣先の会社側の人と初めて顔合わせをする際のマナーは、その会社で仕事をしたい場合には非常に大切になってきます。そのため、しっかりマナーについては知っておくようにしましょう。

名刺を受取る際のマナー

名刺を派遣先の会社側の人から受取る際のマナーとしては、必ず席から立って両方の手で受け取るようになっています。そのため、会社側の人から挨拶を交わした後で名刺を渡された際は、このようなマナーを参考にしましょう。

言葉遣い

また、初めて顔合わせをする際の言葉遣いについては、どうしても緊張してしまうため普段のような言葉遣いができないでしょう。しかしながら、敬語を使うことを考えておくと、ある程度は問題ないでしょう。普段友達などと会話をするような「って感じ」「っていうか」などのような言葉遣いは、避けるように注意しましょう。

姿勢

また、初めて顔合わせをする際の姿勢については、会社側の人にいいイメージを持ってもらうために、足を組んだり、髪を触ったり、猫背になったりするような癖などがある場合は注意した方がいいでしょう。姿勢を正しくして相手を見ながら、いつも柔らかい表情のイメージになっていれば、会社側の人に対してもいいイメージを与えることができるのではないでしょうか。

服装

初めて顔合わせをする際の服装については、基本的にはスーツになります。服装がスーツでない場合は、男性でも女性でもジャケットを着用することがスタイルの無難なものと言えるでしょう。特に女性の場合には、派手すぎるようなネイルやメイク、あるいはブーツなど、過度な露出やお洒落すぎるような服装にはくれぐれも注意するようにしましょう。また、男性の場合には、スーツのシワや汚れ、清楚感がないような服装などは避けておく方がいいでしょう。会社側の人にいいイメージを与えることができるように、服装についても十分に注意するようにしましょう。 派遣社員として登録して、派遣先の会社側の人と初めて顔合わせをする際には、このようなマナーを参考にしてみましょう。