反面教師にしたい!派遣スタッフに向いていない人の特徴とは?

近年多くの人が派遣で働いていますが、成功する人もいれば、当然、失敗する人もいます。失敗する人の多くはいくつかの特徴がありますが、それらを改善することで、派遣で成功することも可能です。そこで今回は派遣が続かなかったり、良い仕事に巡り会えない人の特徴とその改善法をご紹介します。

派遣で失敗してしまう人の特徴

頻繁に欠勤・早退・遅刻を重ねてしまう
まず当たり前ですが、倦怠には注意が必要です。あまりにも欠勤や早退、遅刻が多かったり、その理由が伴っていないと転職先や派遣会社の両面からどんどん信用を失っていきます。
改善法としては、規則的で正常な生活サイクルを送ることです。夜更かしや過剰な飲酒などは避け、規則正しく生活することで病気や寝坊を予防することができます。
職場で人間関係を築けない
派遣先で結果を残し活躍するためには、短期間で他のスタッフと連携を取る必要があります。そのため、職場での態度が悪かったりコミュニケーション能力が低いと、その企業から契約更新を断られることも多いです。派遣先での態度や他のスタッフとの関係性は特にチェックされているのでやっておいて損はないと思います。
飲み会や休憩時間などいろんな機会でこまめにコミュニケーションを取っていきましょう。
キャリアプランを立てずにダラダラ働く
終身雇用である正社員に比べ、派遣はダラダラと働くより、短期間で集中して働く方が成功できると思います。若い20代の時は仕事数も多く、いろんな仕事に挑戦できますが、30代になると、どんどん求人数も減っていきます。
そのため、短期間で結果を出すためには具体的なキャリアプランをしっかり立て、派遣会社へ伝えておきましょう。
自分のスキルを磨かない
派遣先の企業から契約更新を断られる人の多くはスキルアップを怠っている人です。派遣の仕事の多くは未経験でも挑戦できますが、仕事をしながらスキルを身につける努力をしなかったり、結果が出せないとすぐに契約を打ち切られてしまいます。派遣されてからすぐに仕事で結果を出せるように常にスキルアップしていきましょう。

派遣はゴールではなく、スタート地点

いかがでしたか?派遣に向いていなかったり、失敗してしまう人の特徴は意外と陥りやすいものばかりです。 派遣で成功するポイントは入ってから短期間の間にどれだけスタートダッシュを決められるかだと思います。心がけ次第ですぐに改善できると思うので、是非実践してみてください。