空港で派遣として働ける分野を教えて

空港には様々な職業の方が働いており、それぞれの雇用形態なども異なっています。一般的に空港で働く人々と言えば、パイロットやキャビンアテンダントなどの飛行機に直接関わる職種を思い浮かべますが、それ以外にも整備士や地上スタッフ、さらには空港内にある飲食店や土産店などで働いている方々もいます。このように様々な立場の人が働く空港ですが、その中には派遣社員の肩書きで働く人もたくさんいます。

飛行機に関わる派遣社員

様々な派遣社員が働いている空港ですが、飛行機に直接関わる部分でも派遣社員はいます。たとえば飛行機の機内清掃をおこなう会社や食事や飲み物などの積載品を運び込む会社などもあるのですが、このような会社には派遣社員も数多くいます。また、地上スタッフの中でも貨物を積載するスタッフなどにも派遣社員はいます。身元調査などはおこなわれますが、こうした派遣社員もたくさんいるのです。

空港内スタッフの派遣社員

空港で航空会社の地上スタッフとして発券カウンターなどで働く人々、つまりはグランドスタッフの中にも派遣社員は大勢います。全員が航空会社の正社員ではなく、派遣社員として空港に派遣されているケースもあるのです。また、搭乗口などにいるスタッフの中にも派遣社員がいるケースはあります。

ショップ内で働く人々

空港内にはたくさんの飲食店があります。本格的なレストランから軽食などが食べられるお店まで多種多様ですが、それらのお店で働いている人々の中には派遣社員もいます。また、おみやげ品を売っているお店や案内カウンター、空港内の清掃スタッフや、従業員用の食堂のスタッフなどの中にも派遣で業務をおこなっている人がいるのです。地上スタッフの場合には、派遣として働くことができる業務がかなり多いと言えるのではないでしょうか。

審査がある場合もある

空港は重要な施設であり、危険なことが起こらないように気を配られている場所です。そして、そこで働くとなれば空港のバックヤードに入ることもあることから、身元などがリサーチされることもあります。警備会社などではよくあることですが、それと同じようなことが空港において派遣社員として働く場合にはおこなわれることがあるのです。もちろん、すべてのケースにおいておこなわれるわけではないのですが、そうしたケースもあるということは覚えておきたいものです。いずれにしても空港には多くの派遣社員が存在していますので、働くチャンスは豊富にあると言えます。